×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

光信之相

 体赤。足二本爪三本。尾有如蚯蚓。

 土佐光信が『百鬼夜行絵巻』に描いているもので、赤くてまるっこいこの妖怪の容相としては最も多く見られているものです。
 収録されている絵巻物の知名度の高さから良く知られている形ですが最も古い形であるかは確証がありません。

Tosa Mitunobu (1434?-1525)
"Hyakkiyako emaki" 16c

もどる次相