×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

行秀之相

 体赤。足二本爪三或四本。尾有如蚯蚓。眼如孔雀羽紋。

 最も古いかたちであろうと考えられるもの。色は、白赤(1785)のほか普通に赤いもの(翠眼等)もありますが、緑色のものもあります。
 土佐行秀が『百鬼夜行絵巻』に描いていたとされているもので、『狂画苑』などに縮写されたもの(彩色はされていません)が残るほか、金刀比羅宮に納められている『百鬼夜行絵巻』(土佐行秀の絵を天明5年ころ摸したというもの)などに収められています。
 行秀は応永から永享の間に活躍しており、光信よりも古い代にあたる土佐家の絵師ですが、実際に彼の筆とされる百鬼夜行の絵巻は明存していません。

Tosa Yukihide (?-? 15c)
"Kyougaen" Hyakkiyako emaki 1770
"Hyakkiyako emaki" 1785

もどる前相次相