×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

豊国之相

 鼻有孔。足二本有鱗爪四本。尾有如蚯蚓。

 歌川豊国が山東京伝の『善知安方忠義伝』の挿絵に描いているもので、土佐光信の容相が受け継がれていますが、足が太くなり、尾も襞あるいは鱗のようなものが見られます。
 鼻孔が確認できるのも大きな特色です。
 この『善知安方忠義伝』由来で描かれたと推察されるものには色に黄色(重清の豆絵)と赤色(芳幾『怪談相馬内裏』など)とがあります。

Utagawa Toyokuni (1769-1825)
"Uto Yasukata Chugiden" 1806

もどる前相次相