×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

斑足之相

 体白有赤毛。足一本赤斑爪四本有蹼。無尾。

 尾田郷澄(淑太郎)の『百鬼夜行絵巻』に描かれているもので、大化な近い容相をもっていて、尾がなく、足が一本しか描写されていませんが、体表が白いほかに眼の周りに赤い毛が生えていたり、足には赤い斑点があるなどの特徴があります。
 みずかきを有しているのはこの種のみ。

Oda Gocho (? 19c)
"Hyakkiyako emaki" 1832

もどる前相次相